スポンサーサイト

[カテゴリ:スポンサー広告|]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2ブログランキング

開眼率から見られる楓の「心情」

[カテゴリ:ネギま考察コメント:5トラックバック:0]

今日20日は楓の日!!

ということで「この系」さんにて開催されている毎日ネギま!リターンズに参加させていただきます!


この企画が発表された時から、この日だけは何かの形で参加したいと思っていました・・・そして、以前からあたためていた考察記事をここで発表したいと思います!題して・・・


『開眼率から見られる楓の「心情」』


「考察」というよりも「分析」記事になるのですが・・・僕は以前から「長瀬楓・開眼率調査」という記事を過去20回行ってきました。「楓が目を開く時」・・・それは「楓の心の変化が表れる時」・・・そういった心の変化を、この「開眼率」による統計から分析してみたいと思います。


過去の開眼率調査一覧はこちらになります
第1巻第2巻第3巻第4巻第5巻
第6巻第7巻第8巻第9巻第10巻
第11巻第12巻第13巻第14巻第15巻
第16巻第17巻第18巻第19巻第20巻


なお今回の統計は、今まで発表した20巻(186時間目)までの集計分で行っております。

それではこちらからどうぞ!

『開眼率から見られる楓の「心情」』



●目次

以下のリンクから各項目にジャンプします。
●はじめに:長瀬楓の「開眼率」
●1:「左右」の目
●2:「状況」における開眼
●3:開眼時の「表情」
●4:「状況」と「表情」の交錯
●5:【まとめ】「開眼率」から見られる楓の「心情」
●おわりに:忍んだ「心」が開く時




●はじめに:長瀬楓の「開眼率」

まずは過去に行ってきた開眼率調査の内容を簡単に振り返ります。


開眼率調査・第20巻

(サムネイルクリックで大きな画像が出ます)

こちらは20巻の時の調査表です。20巻までの楓姉の登場コマ数が807コマ。そのうち楓姉が目を開いている「開眼コマ」数が54コマ。登場に対する開眼コマの割合(開眼率)はわずか「6.7%」です。

楓姉といえばいわゆる「糸目キャラ」ですが、目を開くとキリッとした切れ長の目をしています。惚れます。もちろん糸目の楓姉の優しいお顔も好きなのですが、開眼率からも分かる通り「楓が目を開くシーンは貴重」なのです。「その貴重なシーンがどれだけあるのか?」という目論見の元に行われたのが「開眼率調査」でした。

ひとたび目を開くと、かっこいい凛々しいお顔であったり、はたまた優しく微笑むお顔であったり・・・ただどんな時でも開くのではなく、何かの「心情の変化」や「状況の変化」の時に目を開く事が多いのが楓姉です。しかも「左目だけ」「右目だけ」「両目とも」という3パターンがあります。

ということで今回は今までの開眼コマをカテゴリー分けにして、『楓は一体「どんな時」に「どちらの目」を開くのか?』という分析をしてみることにしましょう。



●1:「左右」の目

まずは純粋に、左右どちらの目を開く事が多いのかを表にしてみました。

開眼調査グラフ:全体

開眼調査表:全体

これは分かりやすいですね。「左目開け」が半数以上、「両目開け」にいたってはわずか6コマしかありません。

ただ単純に「その方向を見るためにそちらの目を開いた」と思われるシーンも*1ありますが、「真っ直ぐ前を見ながらでも片目だけを開けている」シーン*2もあります。むしろ後者の方が多いです。そういったことから楓は「ただ何かを見る」ために目を開けているのではなく、「何か思いがあって」目を開けることの方がほとんどのようです。

ちなみにネギの持つ出席簿ではしっかりと両目を開けています(開眼率には含んでいません)。写真を撮るからって事でキリッとしたのかも・・・


*1:例)50時間目・小太郎との対決の後、現れたリョウメンスクナノカミを見た時など
*2:例)116時間目・クウネルに、信頼してよいのかと問いかける時など



●2:「状況」における開眼

続いては、どのような状況・場面の時に目を開くのかを調べてみました。楓が開眼したシーンを「平常時」「バトル時」と大きく二つに分けました。


開眼調査グラフ:状況別
開眼調査表:状況別

一目瞭然ですが、「バトル時」が「平常時」の2倍です。「バトル時」はやはり気が引き締まっている時なので、いつにも増して目を見開く事が多いですね。逆に「平常時」に開く時は、ネギや小太郎など、仲間を優しく見つめる時が多いようです。

しかし楓の特化すべき点は「戦いを楽しむ」というところがあります。とても分かりやすいのが17巻での龍宮戦です。龍宮隊長自身もそうでしたが、お互いの力を確かめ合うかのように戦っていました。この時には「龍宮の動きを見極める為に目を見開く時」もあれば「楽しく戦う龍宮を見て微笑む時」もありました。ですから一概に「戦いの時は真剣になるから目を開きやすい」というわけではありませんね。

ただ一つハッキリしているのは『「平常時」の両目開けがゼロ』、すなわち『「両目を開く時」は「バトル時」にしかない』という所です。それだけ相手と本気でぶつかった時には大きく見開いて、相手をハッキリと捉えようという心が表れているのかもしれません。



●3:開眼時の「表情」

今度は状況に関わらず、表情別にまとめてみました。とはいえ表情といっても様々・・・ここでは『穏やかである「優しい顔」や「笑顔(微笑み)」』と、『苦しい時の「険しい顔」や気を引き締めた「真顔」』の二つに分けてみようと思います。


開眼調査グラフ:表情別
開眼調査表:表情別

これが面白いほどハッキリ出ました。全くの半々です。これは「感情に関わらず、何かの時に目を見開く」ということなのでしょうか・・・?

これをさらに細かく「どちらの目を開いているか」で見てみましょう。「左目開け」は「優しい顔・笑顔」が多いのですが、「右目開け」「両目開け」については「険しい顔・真顔」の時の方が多くなっています。このあたりに若干の「感情の違い」があるように思われます。



●4:「状況」と「表情」の交錯

最後に全ての要素を踏まえての分析をしてみましょう。


開眼調査グラフ:総合
開眼調査表:総合

円グラフが見にくくなってしまってすいません。内側から「状況別」「表情別」「左・右・両目別」となっています。

左右両目を考えずに見てみると、「バトル時・真顔」が4割超となっています。これは「平常時全体」の開眼率よりも多い数値です。やはり楓は本気になった時には特に目を開きやすいようですね。ただし、やはり「バトル時・笑顔」もなかなか多い割合を占めています。時には戦いそのものを楽しんだり、時には対戦相手にすらも穏やかな笑顔を見せたり・・・

逆に「平常時」には「笑顔」で見つめる事の方がほとんどです。やはり戦いを離れた日常では、「優しい微笑みで相手を見つめる」ことの方が多いことが分かりますね。



●5:【まとめ】「開眼率」から見る楓の「心情」

それではここまでに出た項目をまとめてみることにします。


・「平常時」よりも「バトル時」の方が目を見開くことが多い。特に「両目開け」はバトル時にしか登場していない。
・「左目」は「優しい顔・笑顔」の時、「右目」「両目」は「険しい顔・真顔」の時の方が多い。
・「バトル時」には「真顔」が多く、逆に「平常時」には「笑顔」が多い。ただし「バトル時」にも「笑顔」が多く見られる。



以上の項目を踏まえると、やはり「真剣な戦いになった楓は目を見開いて相手を見つめる」ということ、また「日常では穏やかな思いで相手を見つめる時に目を開く」ということが分かります。
そして「全体的には左目を開ける事が多いが、真剣な顔では右目や両目を開けることも多くなる」ということが分かりました。



●おわりに:忍んだ「心」が開く時

普段は目を閉じている(ように見える)楓が目を開く・・・「最初はただの『癖』なのでは?」なんて思ったこともありました。

人間は誰しも「癖」というものを持っていると思います。例えば「嘘をつくときに顔に出る」なんてことがありますが、何も意識していなくても顔の一部が動いていて、考えていることが分かるってことありますよね。

ただ「癖」とは言っても必ず「何かの意味」を持っています。口では素直に喋っているはずでも、心の奥底で何かを考えているとその「癖」というものが表情や行動に出ること・・・誰にでもありますよね?

今回の統計で言えば「平常時は左目開けが多いが、バトル時には右目を開くことが増える(両目含む)」といった事も、ある程度ですが「癖」の一つなのではなかろうかと。

「楓が目を開く」・・・それは「ただ何かを見るために開く」だけではなく、相手の気持ちを考えて喋る、行動する時に開く事がほとんどでした。

普段はほのぼのと穏やかな女子中学生。しかしひとたび戦いの場に立つと誰もが驚く忍術で相手に立ち向かう。そんな楓が瞳を開く時、それは楓の心情がもっとも表れている時だと言えるのではないでしょうか。

ある時には悩み苦しむ相手を安心させる微笑みで、またある時には相手を威嚇するような鋭い目つきで相手を睨む。ある時には強力な相手との戦いで苦しみの表情を見せ、またある時には戦い終えた相手との健闘を分かち合い笑顔をかける・・・「様々な状況下において楓は相手のことを考えて行動し、『その時の感情を静かに表す』のが『楓の瞳』なのだと思います。

そんな楓姉の瞳を今後も追い続けたいと思います。だって「楓の瞳」は「忍んだ心を表す瞳」なのですから・・・




以上です。長文にお付き合いいただきありがとうございました!

関連記事

FC2ブログランキング

コメント一覧

[435]

>惚れます

とうぜん♪惚れるに決まってますよ。目を開けた楓は一番ですから。まぁ本当はすべてが一番なんですが・・・・

この話見てから13巻のクウネル(ナギver)に掴まれたとき!あの下に落とされそうなときのあの直前の目(アバウト が頭から離れません。
楓可愛いなぁ~・・・・

[436]

20日には何が起こるのか楽しみにしていましたが、これは凄いですね!
開眼についてここまでの考察が出来るとは…楓道の奥の深さを感じます。

そしてこの記事を読んだ後は開眼コマを少し見直してみましたが、惚れ直しました♪格好よさから可愛さまであるのは反則的です。

[437]

かっけえええええ!
>「楓が目を開くシーンは貴重」
たしかにそうですよね。
感動しましたw

[438]

な、なるほど…!楓の開眼にはそんな意味があったのですね!!
左目と右目の関係とか全然しりませんでした><;
これも謙太郎さんの楓への愛が成せる技!!!!

…よし、描くとき参考にさせて貰おう(おまっ

[440]

≫灸さん
>まぁ本当はすべてが一番なんですが・・・・
当然ですね♪(^^)
凛々しい顔立ちなのに可愛く見えるのが素晴しいですよね~w

≫サイクルさん
>楓道の奥の深さを感じます。
「楓道」とはいい言葉ですww今後も追及して是非極めたいと思います(^^)

>格好よさから可愛さまであるのは反則的です。
ほのぼの&カッコイイ・・・この楓姉のキャラだからこそ、そう感じられるんだと思いますね~。反則最高です!(?)

≫えぬ。さん
>感動しましたw
そそそそう言っていただけるとは何と嬉しい・・・ありがとうございますm(_ _)m

≫サファイさん
>左目と右目の関係
全体的に左目開けが多いのは把握していたんですが、まとめてみると少しずつですが関係性が見えてきて、調べている僕自身が楽しかったです(^^)

>…よし、描くとき参考にさせて貰おう
おぉぉぉ是非是非!むしろ色んな楓姉の表情を見させてくださいっ!!><b

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL

http://kenmypace.blog70.fc2.com/tb.php/206-eb61f046

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

カウンター


プロフィール

長瀬謙太郎

Author:長瀬謙太郎

元「サラリーマン謙太郎」、通称「サラ謙」です!


座右の銘:
『俺は楓の婿!!』


画像>東京すずめ様にいただきました。


mixi
ネギま!SNS


→旧ブログ まいぺーす日記
(06/01/30~06/06/12)


このブログについて

当ブログはリンクフリーです!
ただし当ブログの内容にそぐわないリンク、トラバ、コメントは削除させていただく場合があります。ご了承下さい。


▼バナー▼

持ち帰りor直リンクもOKです。


ブログURL:
http://kenmypace.blog70.fc2.com/
バナーURL:
https://blog-imgs-27.fc2.com/k/e/n/kenmypace/banner.jpg
↑URLにご注意ください


このブログをリンクに追加する
(fc2ユーザー用)


最近の記事+コメント


最近のトラックバック


カテゴリー



月別アーカイブ

03  08  09  08  04  05  02  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 

検索フォーム


バナーリンク


Jコミ

『龍忍家』特設ブログへ
ネギま!三十路同盟
長瀬楓同盟
龍にん同盟
ネギま!SNS
ネギまサーチ
麻帆良学園3-Aクラスメイトブログ
tbp


FC2ブログランキング

投票お待ちしております!

FC2ブログランキング


RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。